商品検索

自分らしくTシャツを着こなす

シルエット

スタイリッシュな着こなしの第一歩がシルエットの選択。 ボディラインを強調するのか、体型をカバーするのか、ボトムスとのコンビネーションは…シルエットと身体との組合せによって様々な「表現」がなされます。 「どんなシーンで着用するのか」「どのように見られたいか」を想定し、それにマッチしたシルエットのTシャツを選ぶことがポイントです。

タイト・シルエット

細マッチョがカッコいいタイトシルエット。肩幅より肩ライン( 縫い目)が少し狭く、身幅もボディラインにほどよくフィットしているのが特徴です。身体のラインが強調されるため、細身の体格の人にオススメ。体型に自信があり、筋肉をアピールしたい時には、わざとワンサイズ小さめを選んだりします。

タイトシルエット

ジャスト・シルエット

Tシャツと聞いて誰もが思い浮かべるのがこのシルエット。もっとも基本となる形で程よい遊びがあるのが特徴。肩幅と肩ラインがジャストに重なっており、身幅にもちょうどよいゆとりがあり、大きすぎず小さすぎずちょうど良いシルエット。さわやかな印象を与えます。

ジャストシルエット

ルーズ・シルエット

ビッグ・シルエットの進化形とも言える、ある意味最先端モード。全体にすべてが大きいビッグ・シルエットと違い、肩幅はほぼジャストライン。そして首回りや丈感がゆったりしたニュアンス。意外と幅広い着こなしが可能な注目のシルエット。

ルーズシルエット

上にもどる

ネック

首元をしっかり隠す、鎖骨を見せる… ネックの形状や深さによって、いろいろな表現ができます。それによって顔の大きさや長さの印象もネックデザインによってコントロールできるほど。顔の印象すら変えるネック選びもシルエットの重要な要素です。

クルーネック

最もベーシックな「クルーネック」。首にピッタリと合った丸い襟元でスポーティ感があります。胸元の肌露出が少ないため、清潔感の演出にも。首回りが小さいことでやや顔が大きく見える効果があるので、顔の小さい方は首元がピッタリのネックを、やや顔が大きい方は首元をゆるめものお選びください。

クルーネック

ラウンドネック

クルーネック、Uネックと同じ丸首の一種ですが、デザインを細かく区別するために名付けられました。首の付け根のラインに沿ってカットされているのでクルーネックよりもやや大きめ。清潔感をたたえながらもリラックス感を演出し、襟元の肌の露出が多いため、セクシーさをも表現できます。顔を小さく見せる効果あり。 4.7オンス ファインジャージー Tシャツ(品番:5495-01)などに使用されています。

ラウンドネック

Vネック

名前通り、V字にカットされた襟元のことをさします。元々女性用につくられたネック形状で、肌の露出も多くセクシーな印象を与えます。直線的なカッティングのVネックは単体でドレスライクに見せることができます。顔を小さく首を長く見せる効果があり、インナーとしても重宝します。4.7オンスファインジャージー Vネック Tシャツ(品番:5496-01)などに使用されています。

Vネック

ヘンリーネック

カットソーながらボタンがフロントに付いていて、シャツを着ているような雰囲気が演出できます。インナーの定番としてもおなじみで、抜群の使い勝手とセクシーにして骨太な印象が魅力。肌の露出をボタンで調整でき大きく開けることで顔を小さく首を長く見せる効果があります。4.7オンス トライブレンド ヘンリーネック Tシャツ(品番:1290-01)などに使用されています。

ヘンリーネック

上にもどる

スリーブ(袖)

Tシャツ姿をキメるのに欠かせないのが二の腕や肩の見せ方です。肩幅を強調する、なで肩にみせる、肩を露出する、それらを左右するのが袖のデザインです。これによって全体のシルエットやイメージが変わります。

セットインスリーブ

もっとも一般的なスリーブのことで、通常のアームホール(袖ぐり)の位置に袖を縫い付けたことをいいます。スタンダードに着こなすならこのセットインスリーブ。

セットインスリーブ

ラグランスリーブ

襟ぐりから袖下にかけて斜めに縫い合わせたスリーブ。クリミア戦争の際、イギリス軍のラグラン卿が負傷した兵士の服を脱ぎやすいように考案したものと伝えられており、腕を動かしやすいのが特徴です。配色の切り替えを楽しむ方、なで肩や肩幅の狭い人の着こなしにオススメです。8.4オンス クルーネック スウェット(品番:1378-04)などに使用されています。

ラグランスリーブ

スリーブレス

袖(スリーブ)の無いもので、ノースリーブは和製英語です。暑い夏用に涼しく着用できるようにデザインされ露出した肩ラインを上品に演出し、気品と清楚さがアピールできます。5.6オンス イージー タンクトップ(品番:5007-01)などに使用されています。

スリーブレス

上にもどる

カラー

Tシャツの着こなしの上でシルエット選びは重要なポイントですが、「色」も同様に重要です。たとえば、同じネックデザインのTシャツでも、色を変えることで印象をコントロールできます。ベースカラーはホワイト、ブラック、ネイビー、グレーの4色が基本。今回はベースカラーの対極をなすホワイトとブラックで比較。

ホワイト

ホワイトは実際よりも大きく見える膨張色です。信頼感や清潔感といったクリーンなイメージを与えるので好感を持たれやすく、「始まり」や「出発」などのイメージもあります。また、光を透過するので健康には一番良い色とされています。プリント加工には最適で、光を反射する最も明るいこの色はプリントの濃色を引き立てます。

ブラック

引き締まった印象を演出したいならブラック。どの色よりも着やせ効果が高くほっそり見せてくれる収縮色です。光を反射することなくすべての色を吸収・遮断し、周囲の色を引き締めて目立たせます。他の色に与える影響が強く、色を組み合わせたときにはブラックのイメージが上乗せされます。強さや権威、神秘的な雰囲気を感じさせる色です。プリントは精悍で鮮やかな印象に仕上がります。

カラー比較

上にもどる

戻る

ITEM SEARCH

品番 or フリーワードで探す

スペース区切りで複数のワードを検索することができます。

絞り込み検索

  • United Athle
  • rucca
  • カテゴリー

    • Tシャツ
    • ドライ&スポーツ
    • ポロシャツ
    • ロングスリーブ
    • スウェット
    • C.A.B.CLOTHING
    • ジャケット
    • Others
  • 商品特徴

  • カラー

  • サイズ

  • 在庫情報

    • 定番
    • 在庫限り
    • 一部在庫限り
    • 季節商品
    • 在庫注意
  • カテゴリー

    • カットソー
    • スウェット
  • 商品特徴

  • カラー

  • サイズ

  • 在庫情報

    • 定番
    • 在庫限り
    • 一部在庫限り
    • 季節商品
    • 在庫注意
    製品の仕入れ・新規お取引について
    キャブ株式会社