【公式】デジタルカタログ 2022AW | United Athle(ユナイテッドアスレ)_
21/236

2 COLORS DESIGNFULL COLOR DESIGN1色ごとに「版」を製作しインクを刷るプリント方法。インクの種類を変えることでさまざまな表現ができる、ウェアプリント加工の中で最もポピュラーな手法です。 塗りつぶしの多いデザイン、単色のデザインなどに向いています。今回のデザインは2色プリントのため、製版は2つ。シルクスクリーンプリントは、プリントインクの生地馴染みや発色がよいのが特長です。また、製作枚数が多く、デザインの色数が少ない場合にはコストパフォーマンスが高い加工方法です。他のプリントにはない独特の高級感があり、小さな柄でも存分に存在感を発揮します。プリントよりも耐久性があるため、いつまでもきれいに着ることができ、キャップやアウター類への加工も相性抜群です。シルクスクリーンプリントと比較してみると、同じデザインでも立体感が抜群です。ボディと同系色のデザインもシルクスクリーンプリントよりはっきりしています。細かいデザインやデザインサイズが大きくなる場合には、コストアップしてしまうこともあるので注意が必要。製品に直接インクを吹きかけるプリント方法で、1枚ずつプリンターで印刷をします。 フルカラーで再現性の高いプリントをしたい場合に向いています。主に綿素材の製品で対応が可能な方法で、多色のデザインやグラデーション、写真などをきれいにプリントできます。インクを直接ふきかけるため、プリントが生地目や生地色に影響されやすい加工方法です。転写プリントに比べるとやわらかな発色が魅力で、自然な風合いのフルカラーデザインが実現可能です。専用シートにデザインを印刷し、圧着することでプリントする方法。発色の良いフルカラープリントが特長で、さまざまな素材の製品にプリントが可能です。シート特有の質感は好みが分かれるため、デザインにマッチするかどうか確認する必要があります。シートにデザインを印刷しているため、インクジェットと比べるとさらに細かい文字などの再現が可能で、はっきりとした発色が特長のフルカラープリント。デザインの周囲にフチがつくのが特徴の一つですが、生地色に合わせて目立ちにくくすることも可能です。020シルクスクリーンプリントSILK SCREEN PRINTING刺繡EMBROIDERYインクジェットプリントDTG PRINTING転写プリントHEAT TRANSFER PRINTING

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る