United Athle

Meirin (ZOMBIE-CHANG)

6.2oz. Premium T-shirt

Style No.5942-01

テーマはコピー機に挑むあの熱血漢!?

Meirinのユニークな世界観

常に変わり続けることが私の芯かもしれない

─このTシャツのプリント、シュールな世界観がかわいくてクスッと笑えますね。どんなコンセプトで作られたのですか?
Meirin(以下M) 特にコンセプトや込めた意味はないんです。いつも感覚で作っているので、イメージ先行ですね。今回お話をいただいてすぐに思いついたのが、正面にプリントしてある顔のスキャンと、それを俯瞰で見ているバックプリントの写真でした。このコマ送りの写真は、“コピー機に挑戦する松岡修造”になった気持ちで動いています!

─音楽以外に過去にはアートワークなども手掛けられていましたが、今回のデザインもご自身でクリエーションを?
M 今回は、Naoki Usudaさんという友人のフォトグラファーに写真を撮ってもらって、並べ方やバランスを相談しながら作りました。私、人に写真を撮ってもらうのが苦手というか恥ずかしくて、今回のコラボTの写真も証明写真で撮ろうとも思ったんです。でも、やっぱり信頼できる人に撮ってもらうのもいいかなと思って、彼に協力してもらいました。Usudaさんとは初めて一緒に制作したんですけど、すごく楽しかったです。
“ひとりで手がける”ということに特にこだわりはないんですが、とにかく色々なものを作ることが好きだし、言葉だけで表現するのが苦手だから、必然的にひとりで作ることが多いのかも。今回もそうですが、私がやりたいことを理解してアップデートしてくれる方々に恵まれているので、最近は共同作業も結構するようになりました。人と関わって良い作品を作れるなんて、本当に幸せな限りです。

─今回のコラボTシャツもそうですが、ZOMBIE-CHANGのグッズはMeirinさんご自身がポートレートのものが多いですよね。何か狙いがあるのでしょうか?
M 私自身、好きなミュージシャンのグッズは、その人の写真がプリントされているものしか買いたくないので、自分もそうしてます。その人らしさが出るのって、やっぱりポートレートじゃないですか。あと、人の顔を覚えたり思い出したりするのが苦手なもので……。

─なるほど。今回、コラボレーションTシャツを作ってみていかがでしたか?
M 思い通りに仕上がって感激です!実際着てみて、すごくかわいかったです。

─普段色々なスタイルのファッションを楽しんでいるイメージがありますが、どんなものから影響を受けてきましたか?また、ずっと変わらないルーツのようなものはありますか?
M 影響はいろいろ受けていますが、ルーツと呼べるほどのものはないです。たんぽぽの綿毛みたいな感じでいろいろなところを漂っていたら、そのうち根っこができるのかなって。逆に、ずっと変わり続けることが私の芯といえるのかもしれません。ちなみに、最近はGABBERというスポーティーなスキンズみたいなスタイルにハマってます!

─最後に、今後の目標や挑戦したいことを教えてください。
M 2020年はヨーロッパツアーが決まっていたんですが、コロナ禍で流れてしまって……。来年、コロナが落ち着いたら国内ツアーも含めて、いろいろなところに行きたいです。あと、新曲は常に作り続けているので、こちらもお楽しみに待っていただけたらと思っています。

Meirin (ZOMBIE-CHANG)

シンガーソングライター。自身のソロプロジェクト、ZOMBIE-CHANGとして活動。2016年、作詞作曲・トラック・リリックすべてを自身で手掛けた配信「恋のバカンス E.P.」でデビュー。トラックメイカーとしても活動するほか、執筆業やラジオMC、モデルなどマルチに活躍する。最新アルバム『TAKE ME AWAY FROM TOKYO』は、アナログ12インチ盤も絶賛発売中。

このプリントTシャツは販売しておりません。
この企画は当WEBサイトにおけるコラボレーション企画であり、プリントデザイン入りの製品見本になります。

個人でご購入の方へ

弊社では、お取引を法人・個人事業主様への卸売に限らせていただいております。
個人(部活・サークル・学校等でのご利用を含む)のお客様がご購入される場合、
小売店または通信販売等でお買い求めいただいております。
また、弊社以外の事業者から購入された製品の品質・価格・製作に関すること等、
あらゆるお問い合わせは、販売元の事業者へご連絡いただきますようお願い申し上げます。

製品について・お取引についてのお問い合わせは上記の「CONTACT US」からご連絡ください。
お取引開始をご希望の方は 「新規取引受付」 よりご連絡ください。